憧れの自然に囲まれて、おいしい空気を吸い、のんびりと流れてく時間を感じさせてくれる所

新築別荘が欲しい 中古別荘が欲しい リゾートマンションが欲しい 注意点 契約時にかかる費用

別荘(新築編)

新築別荘を手に入れる選択肢は下の4つ。
最近は在庫化するのを避けるため、「建売分譲」は少なくなってきています。そのほかの3つはいずれも建物が未完成の状態で契約するわけですから、建物プランを煮詰めていく過程で買い主が果たす役割は大きくなります。
ポイントはまず予算面のチェック。大きな狂いが出るとすれば、その筆頭は基礎工事費です。土地の傾斜や地下の障害物などは区画の中の建築位置によっても違いが出ることがあります。見積もりを出してもらうときには、工事の着手後に金額の変更がありえるのかどうかを確認しておきます。オーバー分を負担してくれる会社もあれば、当初は精度の低い(安めの金額の)見積もりを出し、契約後になし崩し的に増額してくる会社も中にはあるのです。また、逆に買い主としては、途中で仕様やプランを変更したりしないこと。確実に予算オーバーの原因になります。

老後を快適暮らしたい方のために、軽井沢で不動産物件を探そう!

販売形態 特徴 注意点
建売分譲

土地付きの完成済み新築別荘を購入する形。土地の権利形態は所有権だけでなく、借地権や定期借地権の場合もある(この点は他の形態も同様)

築後数年経過している場合、値引き交渉が可能なケースもある。別荘地の分譲会社と建売別荘の建築会社が異なる場合、仕様・設備の点で地域の条件に合っていないケースも

売り建て分譲

あらかじめプランの決まった未着工の別荘を土地とセットで購入。購入後に着工し、完成後引き渡しを受ける形。購入契約を結ぶ時点では価格の5%の金額ですみ、完成時まで資金調達に時間をかけられる

いくつかの建物プランを選べたり、オプションで間取りなどの変更が可能な場合、予算オーバーに注意する。建築が始まったらできるだけ頻繁に現場を訪れ、工事の進行状況・内容をチェック。傾斜地では建築位置のずれで期待した眺望が得られないケースも

建築条件付き
土地分譲

期限内に指定の業者と建物の建築契約を結ぶことを成立条件に、土地を購入する形。期限は3カ月以内、6カ月以内が主流。建物プランは通常、ほぼ注文建築並みの自由度がある

プランについては売り建て分譲と同様の注意が必要。期限内に建築契約が結べないと土地の購入契約も白紙撤回になる。建築プランを煮詰める時間的余裕を取るため、土地契約前に基本条件などをまとめておくとベター。建築契約では工事着手金、中間金などが必要になる

土地購入

上物建築

単体で分譲された別荘地を購入。その後に任意の時期、プランで別荘の建物を建築する形

建築プランを自由に選べる、資金の余裕ができたときに建てられるなどがメリット。ただ土地の形状や広さ、傾斜、規制などで建てられる建物が制限されるので、購入前にこうした条件に注意する。また土地だけを所有していても若干だが管理費はかかる

別荘(新築)を手に入れる手順と注意点

契約から入居までの流れの中では、工事の節目節目には現地に足を運び、契約どおりに進んでいるかを確認するようにしましょう。施工側の都合で建築位置をずらしてしまうなどの変更は起こりえます。それが眺望に大きな影響を及ぼす場合もあるのです。 実際に問題が起こってからでは工事の中止などでトラブルになりますから、事前にコミュニケーションを取り、こちらの意図や希望を理解してもらう姿勢が大事です。 資金面で注意したいのは中間金。「建売分譲」「売り建て分譲」は必要ありませんが、残りの「建築条件付き土地分譲」と「土地購入+上物建築」では工事着手時、引き渡し時のほかに通常は一〜二度の中間金を支払います。ローンを組む人は融資が下りるまで待ってもらえるかどうか、あるいは一時的に調達できる資金はないかなど、交渉や調整をする必要があります。


注目サイト

最適な賃貸オフィスをご提供します。

東京 賃貸オフィス

ユニークなヨガマットを多数取り揃えています。

ヨガマット

女性ならではのお悩みを解決します。

お尻 ニキビ

九州博多から満足を超える最高の味をご提供

めんたいこ

top
 
(c) ログハウスで過ごす Allright Reserved.